メニュー

院長ブログ

コロナワクチン接種で血尿が・・・(2021.09.13更新)

外来の患者さんでもこのような主訴で来院してくださる方もいらっしゃいます。

報告ってありますか?

これに関しては、様々な症例の報告がされています。日本でも腎臓学会からワクチン接種と肉眼的血尿の関連性のアンケート結果の報告が示されています。

アンケート結果

どんな人に多いのでしょうか?

数が少ないため、傾向としてしか言えないですが、ワクチン後の血尿の方の特徴としては、

・女性で20~50歳までの比較的若年の人に多いこと、

・2回目ワクチンの接種後に多いこと、

・血尿自体は1週間以内で消えることが多い、

・腎機能の増悪が見られるケースは少なかった、

・もともとIgA腎症と診断がされている人が多かった

などが挙げられています。

IgA腎症について

なぜ起こるのでしょうか?

これに関しては、まだわかっていない部分が多いです。

コロナワクチン接種後のIgA抗体の上昇が、もともとIgA腎症を持っている人の再活性化を起こしていることなども関連しているかもしれないと言われています(論文)。

 

ただ、以前に検尿異常がありそれを放っておいて、今回ワクチンで血尿が出て、受診をしてくれる患者さんもいます。そのような方に根底に腎炎がないのか?、そしてそれを早期に発見できればいいなと考えています。

もし、お困りのことがあればいつでも来院し、相談ください。

 

文責:腎臓内科専門医 宮内

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME